Pythonより遅いRust標準fs

Understanding the Performance Differences Between Python and Rust on AMD CPUs

タイトル:PythonとRustのパフォーマンスの違いをAMDのCPUで理解する

タグ:Python、Rust

はじめに

この記事では、PythonとRustのパフォーマンスの違いについて、AMDのCPU上での動作に焦点を当てて解説します。OpenDALというデータアクセスレイヤーのPythonバインディングにおいて、Rustで実装された部分がPythonに比べて遅いという問題が報告されました。この問題を解明するため、作者はさまざまな手法を試し、AMDのCPUに関連するバグが原因であることを突き止めました。本記事では、その経験と結果を詳しく紹介していきます。

PythonとRustのパフォーマンスの違い

まず、作者はOpenDALのPythonバインディングがPythonよりも遅いことを確認しました。さらに、Rustで同じ処理を実装しても、Pythonに比べて遅くなることが判明しました。この結果に驚いた作者は、AMDのCPUに関連する問題ではないかと考え始めます。

AMDのCPUに関連する問題の発見

調査を進める中で、作者はAMDのCPUに関連する問題が原因である可能性を見つけました。具体的には、メモリ領域のオフセットによってパフォーマンスが異なることが判明しました。この問題を確認するため、作者はCとPythonで同じ処理を実行し、メモリ領域のオフセットを変更して比較しました。その結果、オフセットを適切に設定することで、Cのパフォーマンスが向上し、Pythonを上回ることがわかりました。

AMDのCPUバグによる影響

さらに調査を進めると、作者はAMDのCPUバグがこの問題の原因であることを突き止めました。具体的には、rep movsbという命令のパフォーマンスが低下することが判明しました。この問題に対する解決策は、AMDの対応を待つか、FSRM(Fast Short REP MOV)を無効化することです。また、Rustの開発者は、パフォーマンス向上のためにjemallocatorを使用することを検討することができます。

まとめ

この記事では、PythonとRustのパフォーマンスの違いについて、AMDのCPU上での動作に焦点を当てて解説しました。AMDのCPUバグが原因で、RustのパフォーマンスがPythonを下回ることが判明しました。この問題に対する解決策は、AMDの対応を待つか、FSRMを無効化することです。また、jemallocatorの使用も検討されています。今後の展開に期待が持たれます。

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事はHackerNewsに掲載された下記の記事を元に作成されています。
    Rust std fs slower than Python
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする