1903年、NYタイムズは飛行機の開発に1000万年かかると予測した。

私的な宇宙競争に対する皮肉めいた物語

私たちの時代において、富裕な技術者と格差に対する不満が高まる中で、私的な宇宙競争に対する皮肉めいた物語が生まれています。しかし、これは航空や宇宙旅行の初期の追求に対する皮肉めいた反応とまったく同じです(忘れられがちなものですが)。以下、そのまとめです。
米国海軍のエンジニア長官であるジョージ・W・メルビルは、有人飛行の追求について厳しい記事を書きました。彼は、シェイクスピアの引用でその目標を子供っぽい「虚構的な幻想」と表現し、「それは空気のように物質的に薄い」と述べました。
最初のページで彼は、この考え自体が無駄で妄想的な努力であると宣言しました。
「おそらく、鳥を真似るという人間の試みにおいて、人間を幻想の縁にまで運ぶという推測的な傾向のより良い例は見つからないでしょう。また、人間が空中で成功裏に飛ぶための試みにおいて、これほど多くの発明の種が無駄に播かれた分野は他にないでしょう。」
ニューヨーク・タイムズは、「飛べない飛行機」という記事で、有人飛行が1,000万年から1年かかると予測しました。その記事は次のように結ばれています。「普通の人にとっては、より有益に活用できる努力があるように思えるでしょう。」
わずか9週間後、ライト兄弟が有人飛行に成功しました。
ライト兄弟が飛行が可能であることを証明した後、一部の人々はそれが無駄な金持ちの遊びだと思い込みました。有名な天文学者のウィリアム・H・ピッカリングは、「費用は資本家以外には手の届かないほど高額になるだろう」と述べました。
私たちは空を征服し、そして宇宙が呼んでいた…
1955年、アイゼンハワー大統領は初のアメリカの人工衛星計画を発表しました。このプロジェクトについて尋ねられたとき、イギリスの天文学者は「宇宙旅行は完全なくだらないものだ」と答え、それは「公共のお金の恐ろしい浪費になるだろう」と述べました。
ケネディ大統領が月への挑戦を発表したとき、一部では熱狂が広がりましたが、すぐに反対運動が起こりました。バリー・ゴールドウォーターは、それは大きな浪費であり(100ドルの夕食会で)、アメリカは「月に夢中になっている」と述べ、「私たちの目がそれに向けられている間、私たちは地球を失ったり、その中に埋もれたりするかもしれない」と言いました。
多くのアメリカ人や天文学者がさまざまな理由でこの計画に反対しました。NASAを創設した元大統領のアイゼンハワーさえも、「国家の名声のために月への競争に400億ドルを費やす人は狂っている」と述べました。「ムーンドグル」という言葉が生まれ、定着しました。
月面着陸の日が訪れたとき、一般の承認は高まりました。世界中が興奮していましたが、まだ全員がそうではありませんでした。ガーディアンは、教師組合の組織者の言葉を引用し、「世界に存在する社会的状況を無視した些細な名誉欲の行為だ」と述べました。
これらは、病的な皮肉屋は常に文句をつける方法を見つけることを思い出させる重要なリマインダーです。航空や宇宙旅行が可能になる前は、それは不可能だと言われました。彼らが間違っていることが証明された後、それは実用性のないお金の無駄遣いであると言いました。このパターンは今も続いています。

この記事は元々Pessimists Archiveで公開されたものです。著者の許可を得て転載されています。

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事はHackerNewsに掲載された下記の記事を元に作成されています。
    In 1903, NY Times predicted airplanes would take 10M years to develop
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする