トランジスタが “小さな脳細胞 “として最初に報告される

Exploring the History of Transistors: From Brain Cells to Semiconductor Industry

こんにちは、読者の皆さん!今日は、ハードウェア業界についての興味深い話題をお届けします。最近、私は「That SemiAnalysis Guy」という人物のインタビューを聞きました。彼の本名はディラン・パテルですが、私はなぜか彼を「That SemiAnalysis Guy」と呼びたくなります。

そのインタビューは素晴らしかったです!それを聞いたことで、私はついにハードウェア業界についてもっと学ぶことを決意しました。インタビューの最後に、That SemiAnalysis Guyは「That Chip War Guy」と呼ばれるクリス・ミラーの『Chip War』を推薦しています。この本は私の関心事でしたが、クリックベイトなタイトルに少し引かれて読むことを躊躇していました。しかし、現在50ページほど進んでみると、この本は単なるセミコンダクター産業の歴史をよく研究したもののようです…?

歴史家が彼らの主要な情報源に触れることが好きです。That Chip War Guyは、1948年に最初のトランジスタに関する報道が行われたことを紹介しています。当時のベル研究所がトランジスタの発明を発表した際、これらのゲルマニウムの配線ブロックが特別な発表に値する理由を理解するのは容易ではありませんでした。ニューヨーク・タイムズはこのニュースを46ページ目に埋め込みましたが、タイム誌は「Little Brain Cell」という見出しで発明を報じました。

私は少し調べてみましたが、全文を見つけることができました。内容はかなり短いので、クリックする手間を省いてここで全文を紹介します。

「真空管は現代技術の脳細胞です。機械がより複雑な仕事を引き受けるにつれて、より多くの真空管が必要になります。しかし、真空管の製造は難しいものです。通常、大きくて壊れやすいです。動作を開始する前に暖まる必要があり、フィラメントを熱く保つために連続的な電流が必要です。電子神経系を設計する人々は、これらの欠点を持たない真空管を望んでいます。

先週、ベル電話研究所は真空管が行っている多くの仕事を行える小さくてシンプルなデバイスを実証しました。それは「トランジスタ」と呼ばれ、真空管やガラスの容器がありません。加熱電流も不要で、即座に作動することができます。

トランジスタは、細い金属の筒で、長さは約1インチです。内部には2本の髪の毛ほどの細いワイヤーがあり、その先端がゲルマニウムの微小な部分に2千分の1インチの間隔で押し付けられています。入力ワイヤーの微弱な電流が、出力ワイヤーから流れるはるかに大きな電流を制御します。この「増幅」は真空管の本質的な特性です。トランジスタは異なる原理で動作しますが(ゲルマニウムの伝導度を変化させることにより)、入力電流を最大100倍まで増幅することができます。

トランジスタはまだ製造されていませんが、ベルの科学者たちは、彼らの小さな脳細胞が何ができるかを示すために、真空管に代わってトランジスタを使用したラジオ受信機を実証しました。あまり強力ではありませんが、うまく機能しました。おそらく、トランジスタの最初の実用的な用途は、現在真空管で行われている電話回路の電流増幅です。

この当時から私たちは、これらのものを「電子神経系」と「小さな脳細胞」と考えていたことに興味があります。

(ちなみに、「get-go」の語源を調べてみましたが、「git-go」という綴りが元々あることがわかりました。Gitコミュニティの誰かが、Goで作られたGitツールを作って「git-go」と名付けるべきですね。)

また、That Chip War Guyから、真空管を動力とするミサイルや爆弾が滑稽に不正確だったことも学びました。「滑稽」という言葉は戦争の話なので適切ではありませんが、別の日に書くべき投稿かもしれません。

2023年11月28日、Kayce Basquesより

バイオデジタルジャズ、マン

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事はHackerNewsに掲載された下記の記事を元に作成されています。
    Transistor first reported as “Little Brain Cell”
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする