ASTとしてPrologを使用する

Emitting Prolog from Coil: Exploring Relationships and Query Systems

最近、私はCoilからPrologを出力することに興味を持って遊んでいます。このプロジェクトはとても楽しいものです!

基本的なアイデアは次のとおりです:Prologとの主な違いは、関係性が(簡単に)保持されることです。

例えば、ASTをトラバースしているときに、{ type: “num”, value: 10 }というノードを見ている場合、木の上に戻るための追加の作業をしない限り、それが名前「ten」に属していることを知る方法はありません。

いいですね、それで何ができるのでしょうか?Prologには素晴らしいクエリシステムがあります。

以下はいくつかのクエリの例です:

Prologでは、より複雑なクエリを処理するためのヘルパー述語を構築することができます:

ヘルパー述語を構築した後、私は以下のことを行うことができました:

では、これからどうするのでしょうか?まずは、それがクールだと思います。

私の長期的な希望は、coilのためにエンドユーザーリンターシステムをPrologを使って構築することですが、それは将来の話で、今はただ楽しんでいます 🙂

以上が、私がCoilからPrologを出力するプロジェクトについての要約と私の印象です。関係性とクエリシステムの探求を通じて、新たな可能性が開けることを感じています。将来的には、coilのためのエンドユーザーリンターシステムの構築が目標ですが、現時点ではまだ楽しみながらプロジェクトを進めています。

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事はHackerNewsに掲載された下記の記事を元に作成されています。
    Using Prolog as the AST
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする