自分の意見は正しい」としたり、顔で話し続ける人に本当の正解を抵抗感なく伝えるための鉄板フレーズ【人生やビジネスなど「答えのないゲーム」で直接否定するのはNG】。

「自分の意見は正しい」としたり顔で話し続ける人に本当の正解を抵抗感なく伝えるための鉄板フレーズ【人生やビジネスといった「答えのないゲーム」で直接否定するのはNG】

「自分の意見は正しい」と思い込んでいる人に対して、どのように説得すればいいのでしょうか?経営コンサルタントの高松智史さんは、「自分の意見を丁寧に説明したり、相手の意見を直接否定しても議論にならない。相手の答えが成立する条件を先に提示しつつ、その条件が成立しないから違う道筋を伝えるべきだ」とアドバイスしています。

例えば、人生やビジネスといった「答えのないゲーム」において、自分の意見が正しいと主張する人がいた場合、直接否定するのは避けるべきです。相手の答えが成立する条件を先に提示し、その条件が成立しないことを示すことで、違う道筋を伝えることができます。

このアプローチは、相手の意見を尊重しつつ、自分の意見を伝えることができるため、相手に抵抗感を与えずに説得することができます。また、相手が自分の意見を変えることができる可能性も高くなります。

しかし、このアプローチを行う際には、相手の立場や状況を考慮することが重要です。相手が感情的になっている場合や、自分の意見を変えることに抵抗を示している場合は、別のアプローチを検討する必要があります。

自分の意見を持つことは大切ですが、相手の意見を尊重し、適切なアプローチを行うことで、より良い議論や意思決定を行うことができます。

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事は下記のRedditのスレッドの情報を元に作成されています。
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする