岸田首相、インド首相から「閣下」と呼ばれて舞い上がる…9.8兆円支援も成果は「緊密な連携」「日本招待」だけのトホホ – ニューデリー「ブッダ生誕記念公園」散策、公園内の花や鳥などの話題で談笑。

岸田首相、インド首相から「閣下」と呼ばれて舞い上がる…9.8兆円支援も成果は「緊密な連携」と「日本招待」だけのトホホ

2021年12月、岸田首相はインドを訪問し、9.8兆円の支援を発表しました。しかし、SNS上では批判的な声が上がっています。

「やはりまた支援金などをばらまいてきました。このお金どこにあるんでしょう」「その金そのまま、少子化対策、貧困対策に使え!日本は最早途上国だわ!」「そのお金はどうするの?増税ですか?まずは今のインフレをどうにかして下さい。支援より支援される方になりますよ。未来が心配です」といった声が多く見られました。

岸田首相は、インド首相から「閣下」と呼ばれるなど、歓迎されたようですが、支援に対する批判は根強いようです。

また、岸田首相は訪問先の「ブッダ生誕記念公園」を散策し、公園内の花や鳥などについて談笑していたそうですが、この話題についてもSNS上では「支援にお金を使え」といった批判的な意見が多く見られました。

日本の財政状況が厳しい中、支援に対する批判は当然のことかもしれません。しかし、国際社会との緊密な連携は重要なことであり、日本が世界に貢献することも必要です。今後も、岸田首相がどのような外交戦略を展開するのか注目が集まります。

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事は下記のRedditのスレッドの情報を元に作成されています。
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする