ウクライナの無人機が、一時占領地クリミアでカリブミサイルを積んだロシアの列車を攻撃した。

ウクライナのドローンがクリミアにあるカリブルミサイルを運ぶロシアの列車を攻撃

ウクライナのドローンが、ロシアが占領しているクリミアにあるカリブルミサイルを運ぶロシアの列車を攻撃した。ロシアのプロキシである「クリミアの長」のアドバイザーであるオレグ・クリュチコフ氏によると、1つのドローンがジャンコイのカレッジ上空で撃墜され、他のドローンは住宅地域上空で破壊されたという。同時に、ロシアのテレグラムチャンネルASTRAは、3月20日の夜に行われたドローン攻撃により、ジャンコイの鉄道駅の機関車デポ、駅の警備ビル、貨物および燃料保管所が損傷を受けたと報じた。

これは、クリミアへの陸路を完全に狙えることを意味している。列車は建物以外で最も簡単な標的であり、撲滅するために非常に貴重な資産である。これがクリミアで最後の列車攻撃になるとは限らない。

ウクライナは、ロシアが占領しているクリミアにあるカリブルミサイルを運ぶロシアの列車を攻撃した。これは、ウクライナがロシアに対して攻撃的な姿勢をとっていることを示している。ウクライナは、ロシアがクリミアを占領していることを認めておらず、「一時的に占領された」と表現している。ウクライナは、クリミアを奪還するために、ロシアに対して攻撃的な姿勢をとっている。この攻撃は、ウクライナがロシアに対して攻撃的な姿勢をとっていることを示している。

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事は下記のRedditのスレッドの情報を元に作成されています。
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする