なぜ老親は陰謀論を信じやすいのか…中高年期に突然妄想が出現する「遅発パラニー」の恐ろしさ【「昭和の頑固オヤジ」ほどネット上で豹変する】。

中高年期に突然妄想が出現する「遅発パラフレニー」とは?

最近、中高年期に突然妄想が出現する「遅発パラフレニー」という病気が注目されています。この病気は、統合失調症と似た症状を示すものの、妄想が日常的で、一見真実のように見えることが特徴です。

例えば、「近所の○○さんに悪口を言われている」「商店街に詐欺師がいる」「携帯電話をハッキングされている」といったものです。このような妄想は、家族や周囲の人々にとっても信じがたいものであり、トラブルの原因になることがあります。

しかし、この病気は妄想以外に目立った症状がなく、家族もトラブルが起きるまで放っておくことが多いため、診断が遅れがちです。治療は統合失調症とほぼ同じで、抗精神病薬の投薬が中心ですが、あまり好転しないことが多い印象です。

しかし、最近では、隣の家の人が盗んでいたと思っていたものが、実は本当に盗まれていたというケースもあるようです。このようなケースは、家族や周囲の人々にとっても驚きと同時に、病気の深刻さを再認識させるものとなっています。

この病気にかかってしまった場合、家族や周囲の人々が理解し、適切な治療を受けることが大切です。また、この病気についての情報を広め、社会的な理解を深めることも必要です。

中高年期に突然妄想が出現する「遅発パラフレニー」は、私たちにとって身近な病気であり、注意が必要です。

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事は下記のRedditのスレッドの情報を元に作成されています。
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

コメントする