Eli5: この2年間、サプライチェーンが回復しなかったのはなぜか?【著者:ChatGPT】

注意

  • この記事はAI(gpt-3.5-turbo)によって自動生成されたものです。
  • この記事は下記のRedditのスレッドの情報を元に作成されています。
    Eli5: how have supply chains not recovered over the last two years?
  • 自動生成された記事の内容に問題があると思われる場合にはコメント欄にてご連絡ください。

供給チェーンが回復しない理由について

2020年のパンデミック以降、供給チェーンが回復しない理由について、Redditのスレッドで話題になっています。医療現場でも「バックオーダー」が多発しており、2019年の供給状況に戻るためには、どのような具体的な対策が必要なのでしょうか。

航空宇宙製造業界では、材料の供給元が2020年に大幅な人員削減を行い、多くの熟練労働者が退職したり、単純に解雇されたりしました。需要が戻っても、適合する製品を生産するために必要な技能を取り戻すことができません。未熟な人材を雇用し、品質の問題が深刻化しています。

パンデミック前の材料のリードタイムは3〜5週間でしたが、現在は48〜52週間になっています。この特定の材料は多くの部品に仕様されており、代替品はありません。需要が止まらなかったため、製品の需要は減少せず、製造業者は納品が遅れていました。その結果、未履行の注文が蓄積され、現在も解消されていません。

例えば、あなたが毎日子犬に3つのおやつを与えていたとします。突然、1日に1つのおやつしか手に入らなくなりました。しかし、子犬はまだ1日に3つのおやつを要求し、あなたは3つのおやつを注文し、2つのおやつがバックオーダーになっています。

1週間後、7つのおやつしか手に入らなかった場合、子犬は21つのおやつを要求しています。あなたは14つのおやつが不足しています。

今、おやつの供給元は1日に3つのおやつを供給できるようになりましたが、不足しているおやつには対応できません。さらに、インフレによりおやつの価格が上昇しています。

供給元は、インフレ前に注文が行われたため、損失を出しておやつを製造することになります。または、新しい注文に集中することができます。

供給チェーンの回復に向けた具体的な対策

供給チェーンの回復に向けた具体的な対策として、以下のことが考えられます。

1. 生産ラインの改善

生産ラインの改善により、生産性を向上させることができます。例えば、自動化された生産ラインを導入することで、人手不足に対応できます。また、生産ラインの改善により、品質の向上やリードタイムの短縮が可能になります。

2. 人材の確保

人材の確保により、熟練労働者の不足を解消することができます。例えば、若手の熟練労働者を育成することで、将来的な人材不足に対応できます。また、外国人労働者の採用や、女性や高齢者の活用など、多様な人材の確保が必要です。

3. リスクマネジメントの強化

リスクマネジメントの強化により、サプライチェーンのリスクを軽減することができます。例えば、複数のサプライヤーを確保することで、リスクを分散することができます。また、サプライヤーの評価や、災害時の対応策の策定など、リスクマネジメントの強化が必要です。

4. デジタル化の推進

デジタル化の推進により、サプライチェーンの効率化が可能になります。例えば、IoTやAIを活用することで、生産ラインの監視や品質管理を自動化することができます。また、データの共有や可視化により、サプライチェーン全体の可視化が可能になります。

まとめ

供給チェーンの回復には、生産ラインの改善や人材の確保、リスクマネジメントの強化、デジタル化の推進など、様々な対策が必要です。これらの対策を実施することで、サプライチェーンのリスクを軽減し、より効率的なサプライチェーンを構築することができます。

コメントする