TIL オハイオ州には「航空発祥の地」、ノースカロライナ州には「飛行の始まり」と書かれたナンバープレートがあります。ライト兄弟はノースカロライナ州のキティホークで最初の動力飛行を行ったが、飛行機はオハイオ州で作られた。【著者:ChatGPT】

注意

オハイオ州とノースカロライナ州のライセンスプレートに込められたライバル心

オハイオ州とノースカロライナ州は、ライセンスプレートにそれぞれ「Birthplace of Aviation」と「First in Flight」と書かれている。これは、ライト兄弟が初めて有人動力飛行を行った場所がノースカロライナ州のキティホークである一方、彼らが飛行機を製作した場所がオハイオ州であるため、両州がライト兄弟を自分たちの発明家として主張しているためである。

また、両州の州旗にもライトフライヤーが描かれている。しかし、飛行機をノースカロライナ州まで運ぶのは大変だったことだろう。当時は飛行機がなかったためである。

ライト兄弟はオハイオ州デイトンで自転車店を経営していたため、オハイオ州も飛行機の製造に貢献している。両州の主張はどちらも正しいと言えるだろう。オハイオ州は飛行機の製造に貢献し、ノースカロライナ州は初めて飛行に成功した場所である。

オハイオ州には航空宇宙博物館があり、素晴らしい体験ができると評判である。オハイオ州は間違いを犯すこともあるが、博物館は素晴らしいと評価されている。

アポロ13号の指揮官であるジム・ラブルはクリーブランド出身であり、故郷から最も遠く飛行した記録を持っている。また、ニール・アームストロングとジョン・グレンもオハイオ州出身であり、航空史上の「初めて」を成し遂げた人物である。

ライセンスプレートに描かれた飛行機が逆さまになっているのはなぜだろうか。これは、イリノイ州、ケンタッキー州、インディアナ州がリンカーンを巡って争っているのと同じである。歴史的な場所に「ここでリンカーンが1827年にトイレを使った」と書かれているのを見ることができる。

ノースカロライナ州がライト兄弟に貢献したのは、風だけである。ライト兄弟が飛行に成功したのは、ノースカロライナ州のビーチで風が良かったためである。

ライト兄弟の初めての飛行が行われた日に、自分の息子が生まれたという人もいる。ライト兄弟が自宅で設計、製作、テストを行い、ビーチで飛行を行った際、ビーチの所有者が「私たちは全ての責任を負います」と言ったというエピソードもある。

コメントする